一般社団法人日本造血細胞移植学会 The Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation

ドナーさんの情報

患者さん・ドナーさん・一般の方へ
第41回日本造血細胞移植学会
入会案内

学会が主導または支援する臨床研究

申請について 研究一覧

9. ドナーの費用負担

最終更新日:2018年5月16日

造血幹細胞移植は、患者とドナーのHLA(ヒト白血球抗原)が適合している必要があります。また、HLAが適合していても健康診断等の適格性判断が必要となります。そのためHLA検査(数万~十数万円掛かる場合もあります)、採取前健康診断(数万円)、採取に関する費用(手術や成分採取)が発生します。HLA検査は移植が実施されると保険適用となるため、施設によって異なりますが、移植実施後に返金される場合があります。ドナーに選定され健康診断や採取が実施されると保険適用になり、患者の医療費として請求されますが移植が実施されなかった場合、実費が請求される場合があります。

また、通院に掛かる費用やドナーが遠方の場合宿泊費が発生する場合もあります。これらの費用は患者が負担することが一般的ですが、トラブル回避のためにもHLA検査時から患者、ドナー間で十分話し合っておくことをお勧めいたします。

*日本骨髄バンクのドナーの方はこちらをご参照ください。

ドナーのサポート(血縁者間移植の場合)

Copyright © JSHCT All Rights Reserved.
このページの先頭へ